(あいはら ちおき)

1987年NHK朝の連ドラ“チョッちゃん”のヴァイオリン少年を演じ、好評。 NHK毎日新聞学生音楽コンクール、江藤俊哉ヴァイオリンコンクール、日本モーツァルト音楽コンクール(ザルツブルグ派遣)、第7回JILA音楽コンクール等、数々のコンクールに入選、入賞、優勝。

サラマンカホールにて名古屋フィルハーモニー交響楽団とベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲を共演。 第11回日本オーストリア文化協会オーディション合格、サントリーホール(小)のフレッシュコンサート出演。 第1回横須賀YBP国際音楽コンクールヴァイオリン部門エレガント賞受賞。 ハープ、J.モルナール氏と共演。イエルク・デムス氏と、氏のヴィオラソナタを本邦初演。 久石譲監督音楽映画“カルテット”に弦楽四重奏で出演。 平成16年度文化庁新進芸術家後援事業の公演に出演。クライネス・コンツェルトハウス欧州公演にてスイス、オーストリアにて演奏と、華々しく活躍。

桐朋学園大学音楽学部演奏学科(弦)卒業。同大では学長江藤俊哉氏、アンジェラ氏に師事。国際音楽祭、マスターコース等を通し、国内外の教授、演奏家、指揮者方からも教えを受ける。

現在、フィルハーモニカ・トウキョウ、オーケストラ・ナデージダ、東京チェンバーフィルハーモニック、東京フォルトゥーナ室内管弦楽団のコンサートマスター、クァルテット・グラーツィアの第一ヴァイオリンを務める。

http://www.chioki.sakura.ne.jp/